糖尿病教室:『年末年始の過ごし方』

今回の糖尿病教室は、「年末年始の過ごし方」です。

平成が終わり、令和という新しい時代が始まりました。皆様の“平成”はいかがだったでしょうか?そして、新しい時代“令和”に何を思うでしょうか。

今回の糖尿病教室は、例年通り、「年末年始の過ごし方」を取り上げました。年々、「お節は元旦だけ」「そんなに普段と変わらない」という方もいれば、「お餅は1回に5個は食べるよ」「寝正月は相変わらずだよ」という方もいらっしゃいます。

この時期は、一年のなかで血糖値が乱れやすい時期と言われています。昨年を振り返りながら、血糖コントロールを乱さないよう心がけたいですね。糖尿病教室ではそのポイントを取り上げました。

透析導入の原疾患第一位である糖尿病は、近年その増加に歯止めがかかっています。これは、定期的な通院と皆様が気をつけている成果だと思います。私たちは、これからも皆様に役立つ糖尿病教室を開催していきたいと思っています。

皆様にとって良い年になりますよう、お祈り致します。